プジョー

プジョー 新型5008 2017 最新動画情報

レビュー動画:プジョー 新型5008 2017

 

走行動画:プジョー 新型5008 2017

これは日本でも流行りそう。7人乗りでコンパクトなのがイイ!

概要を翻訳:プジョー 新型5008 2017

その名前は変更されていませんが、それ以外のものはすべて変更されています。新しいプジョー5008は、Cセグメントの大型7人乗りSUVとして新たな地盤を切り開いています。この成長する消費者市場での新しい競争相手として、それは多くの強みを誇っています。全く新しいプジョー5008 SUVには、優れたプジョーiコクピット®、Efficient Modular Platform 2(EMP2)、快適性と安全性を高めるハイテク機能の最新バージョンが含まれています。エレガントでダイナミックなデザインの裏には、実用的な車があります。 7つの座席で、全く新しいプジョー5008は、最高の人の運送人と同じようにモジュール性を提供する最初のSUVです。強力な、効率的なエンジンとデザイン(スポーティなGTラインとGTバージョンを含む)の範囲は新しいプジョー5008 SUVのために利用可能で、2017年の春の発売前の9月の2016パリモーターショーで発表される。

未来は大きなCセグメントの7人乗りSUVにとって明るく見える

第1世代のプジョー5008が発売された2009年以降、このセグメントは大きく変化しました。その後、大部分のSUVがほぼすべての市場で市場に参入しました。この新しい種類の車両は、今日の顧客の期待に比類のないマッチです。 SUVのプロファイルがヨーロッパで3番目にベストセラーになるまでには数年しかかかりませんでした。すべてのセグメントを組み合わせて、BセグメントとCセグメントのサルーンだけを上回りました。

SUVは真の現代自動車であり、ステータス、洗練された技術、印象的な実用性、運転感情の魅力的な組み合わせをユーザーに提供します。ドライバーをセンターステージに置き、新しい場所に行き、新しいものを体験するという衝動に答えます。

これらの値は、プジョーのブランドイメージと、市場シェアの拡大戦略を反映しています。2012年にプジョーのエンジニアをリードして、1年以内に5つの新しいSUVをリリースするという野心的な課題に取り組ませています。このブランド攻撃は、新しいプジョー2008 SUVを発表して2016年3月に着手し、5月にも引き続き壮大な新しいプジョー3008 SUVを発表しました。中国では、既存の3008の最新バージョンが引き続き販売され、そのデザインは最近更新されたが、中国市場向けの新型プジョー3008 SUVの拡張バージョンは、プジョー4008 SUVとして識別される予定である。成都モーターショーで初登場。新しいプジョー5008 SUVは、このように、年間でプジョーブランドによって発表される第5番目のSUVです。

だからなぜ新型プジョー5008をSUVにして、それによってCセグメントの7人乗り乗組員のニッチを放棄するのだろうか?答えは第一に、人々のキャリアセグメントがほぼ独占的にヨーロッパの現象であるのに対し、5008 SUVでは世界市場を見ているし、第二にC SUVの素晴らしい成功は需要の鈍化によって補償されているようだ伝統的なサルーンや人の運送人のために。これは、今日の顧客が標準的な車両プロファイルのモールドを破ることをもっと熱望しているため、最も可能性が高いと考えられています。さらに、そのうちのいくつか、特に乗用車や不動産車の所有者は、単に功利主義的な家族の乗り物の運転手として鳩をつけたくない。そして最後に、誰もが運転することのすべての利点を楽しんでみたいです。これらの車両は、そうでなければ退屈な旅行を運転者と乗客が楽しい経験を共有する機会に変えます。このすべてに照らして、新しいプジョー5008のデザインの選択は明白でした:それはSUVでなければなりませんでした。

このサブセグメントがまだ開発中であるため、現在大型のSUVを提供している自動車メーカーはほとんどないため、実際の需要と潜在的可能性があります。今日では、SUVコンセプトとそれが投影するポジティブなイメージに多くのドライバーが引き込まれていますが、活発な生活のさまざまな側面に対応した容積、快適性、快適性を求めています。これらの人々のために、スタンダードSUVは良い適合(小さすぎる、モジュール性がない)でもよいことでもありません(大きなSUVは高価すぎるし面倒です)。現在のSUV所有者(自分の車両のデザインとそれが伝えるステータスが大好き)でも、しばしばより多くのボリュームと多用途性が求められます。

新型プジョー5008 SUVは現代自動車であり、車内での新しい経験とスマートな機能を提供しています。クラスのベンチマークとして際立っています。

そのユニークな特質のおかげで、新しく発表されたプジョー5008 SUVは3つの目標を達成することを目指しています:

ブランドの上向き市場戦略を追求する
国際的な成功を収める
(ベンチマーク)Cセグメントの大型7人乗りSUVになる。
プジョー5008 SUVは、これらの目標に達するために多くの強みに頼ることができます。それにもかかわらず、それはすごく実用的な素晴らしいインテリアで始まります。

20172017

同クラスの他の車両は、最適化された効率的なジオメトリ、広々としたインテリア、幅広いスマートな機能を備えた新型プジョー5008 SUVには匹敵しません。それは、プジョーのファミリーを最も顕著で現代的かつスタイリスト的に一貫して現在の市場にしている新しいプジョー2008年と3008年のSUVの多くの特色を継承しています。

まず始めに、本当にユニークなドライバーの環境があります。フロントドアを開くときに最初に見えるのは、革新的でほぼ未来的な最新バージョンのプジョーi-Cockpit®です.Puugeot i-Cockpit®は、乗り物の乗客に驚きと楽しさの両方をもたらします。

コンパクトなステアリングホイール(全セグメントで市場最小のサイズ)、8 "容量性タッチスクリーン、そして驚異的な12.3インチの高解像度デジタルヘッドアップ計器パネルを備えています。後者は、優れたグラフィックス、エレガントなアニメーション、カスタマイズして設定できるモード間の目を楽しませるトランジションを印象づけるでしょう。応答性に優れたユーザーフレンドリーなタッチスクリーンは、快適な旅行に必要なすべての情報ドライバーを素早く配置します。 7つの中央サテンクロムダッシュボードスイッチは、ラジオ、空調、衛星ナビゲーション、車の設定、電話、アプリ、危険警告灯などの乗客の快適さと安全機能に素早くアクセスできます。

しかし、これは乗客のための店での感覚体験の始まりに過ぎません。 GTラインとGTバージョンでは、ダッシュボードスイッチの隣にあるボタンが追加されています。 i-Cockpit®Amplifyを使用すると、一度に4つの感覚を刺激するより豊かな運転体験に備えて準備できます:

  • 画面の色と区画の明るさの調整
  • 音楽的な雰囲気の設定による聴覚
  • 5つの異なる多点座席マッサージプログラム
  • 香りディフューザーで香り。
    乗り物は、乗員に対して、感動的な環境を提供します。「ブースト」はダイナミックな運転スタイルに、「リラックス」はより穏やかな雰囲気になります。どちらも完全にカスタマイズすることができ、ドライバーと乗客の喜びを強調し、ユニークなオンボード体験を保証します。

このオンボード体験は、知覚される品質と乗員室の現代的な雰囲気を大幅に拡大するインテリアの詳細によっても強化されています。新しい電気インパルスオートマチックギアボックスコントロールは、皮革やクロムのような素材を細かく選択することで、インテリアの現代的なエレガンスを実証しています。ここでは暖かい魂を持つ巧みなデザインです。全く新しいプジョー5008 SUVの前部座席環境は間違いなくよく任命されている。しかし、他の乗客はスペースや機能面で何が楽しみになるでしょうか?

広々としたインテリアとより多くの機能

全く新しいプジョー5008 SUVの2.84mのホイールベースは、CセグメントSUVの中で最も生き生きとしています!効率的なモジュラープラットフォーム(EMP2)は、新しいプジョー3008 SUVよりも16.5cm長く、元の5008よりも11cm広く、2列目の乗客には60mm以上の膝の空きがあるホイールベースで規定されています。

車両の全長(4.64m)はまだコンパクトなままですが、新しいプジョー5008 SUV(新しいプジョー3008 SUVよりも19cm長く、元のバージョンの5008よりも11cm長くありますが)は、広々としたCセグメントの車両では、新しいプジョー5008 SUV最も保守的に配分され、その余分な長さの1つは、それが乗客のためにより広いものになります。

車両の最適化されたアーキテクチャは、提供されているパッケージの一部に過ぎません。新しいプジョー5008は単なるSUV以上のものです。革新的な構成で市場で際立っています。

3つの一致する、別々の、折りたたみと傾きの座席2列目
3つの列に2つの取り外し可能な別々の折りたたみシートがあります。
新しいプジョー5008 SUVの3つの別々の2列目の座席について好きではないものは何ですか?

それらはすべて同じ幅であり、3人の乗客すべてが同じ快適さを楽しむことを保証する。
それらの長さは調節可能であり、乗客および積載室の再構成を可能にし、膝の部屋は最適化される。
彼らは5つの異なる角度の傾斜を提供する(5008の元のバージョンはわずか2つしかなかった)。
すべての機能調整可能なヘッドレストは、座席が空のときに低くなり、後部を見やすいようにします。
ユーザーは簡単に外側から、またはブーツから折り畳むことができ、シームレスな平らな面を作るためにシートバックカバー付きの堅い床を得ることができます。
それぞれには3点のIsofixアンカーポイントがあります。
新しいプジョー5008 SUVはまた、売り上げ国の機器レベルに応じて、ブートフロアに折りたたまれる2つの余分な座席の3列目を標準またはオプションで提供しています。ブートフロアの2つのカバーは、折りたたまれたときに完全に平らな表面を形成し、使用時には3列目シートの後ろに容易に押し込めます。

第2列のサイドシートバックの上部にあるコントロールは、第3列シートへのアクセスを容易にします。たった1つの動きで、2列目のサイドが傾いて前方にスライドし、3列目の入力が容易になります。

しかしそれだけではありません。自動車の巧妙なデザインは、プジョーのエンジニアがこれらの余分な座席を簡単に取り外し可能にするよう促しました。軽量(11kg未満)と1つのコントロールで簡単に取り出すことができるため、ユーザーは必要に応じて起動音量を拡張できます。削除された各3列目シートは、39dm3(VDA210)のスペースを確保します。

これは膨大なブート容量をもたらします。これはそのカテゴリで最大です。 5席構成で最大780 dm3(VDA 210)、つまり1,060 lで、元の5008よりも100 dm3大きいブーツです。平らで整然としたボリュームとローブーツシル(676 mm)を折り畳み式すべての新しいプジョー5008 SUVが(特に3.20mまでの)長いロードを運ぶことを可能にします。

実用的なハンズフリーのスマート・エレクトリック・テールゲート(GTバージョンの標準)は、リア・バンパーの下に足を置くだけで、起動時に素早く簡単に開閉できます。

新しいプジョー5008 SUVの広々とした、機能的な、モジュール式の、実用的で巧みにデザインされたインテリアは、日々の生活のすべての課題を満たし、多くの状況に適応します。それに加えて、アクセサリー(ソケット、ブーツカバー、ブラインド、第1列の座席、フック、カップホルダーなどの背面にある「飛行機」トレイ)と保管スペース(合計38リットルコンパートメント)を搭載しています。

デザイン、機器、搭載技術、高品質な素材、ディテールで、市場に出ているすべての新型プジョー5008 SUVの客室を区別しています。インテリアは席を取って、快適さ、静けさ、そして贅沢な空間を旅する特別な体験をお楽しみください。その外観はこのイメージを完全に補完します。

印象的な外観のSUV

全く新しいプジョー5008は本当のSUVです。すべての特徴はそこにあります:長い、水平なボンネット;垂直面。ボディラインを上げました。インスパイアされたデザインは、パワーと敬意を伝え、各ラインとカーブはバランスと均一性を完全に発揮します。新しいプジョー5008 SUVの輪郭は、その大きさの車にとって調和してエレガントです。

全く新しいプジョー5008 SUVが(19cmで、より長い16.5cmのホイールベースを含めて)拡張されている間、その高さは同じである(ルーフバーでは1.64m - すべてのモデルで標準)。プロフィール。その顕著な形態は、隆起した身体面によって強調される。上部のトリムは、後部コーナーウィンドウを含むガラス面を美しく仕上げます。クリーンで鮮明で輪郭のような流動性と俊敏性を示す細長い屋根です。 GTラインとGTバージョンは対照的なブラックダイヤモンドの光沢のある黒い屋根が依然として大きな威信、優雅さ、そして近代性を誇っている。次の車両サイズのセグメントとプレミアムカーメーカーの世界では、全く新しいプジョー5008 SUVが本物の高級感を放つ。

それを強化する保護要素には、17インチから19インチまでのGTの合金ホイールと、標準装備のアルミニウム製の縦長屋根バーが含まれており、車の輪郭に特徴と洗練さが巧みに融合しています。デザインが非常にモダンで、未来的なものになるためには、すべてが一緒になって、あまりにもぎこちなく、洒落たスタイルに落ちることはありません。伸張されたプロファイルはまた、客室の容積を強調する。外側からは、ドア、ホイールベース、大きなパノラマ式のオープニングガラスサンルーフが標準装備されています。GTバージョンは室内を明るく照らし、乗員はどれくらい広々として車内が快適であるかを快適に感じます。

ブランドのライオンの真ん中にあるクロームフィン付きの独特のワイドグリルは、堂々とした堂々とした威厳を誇り、車両のパワーと流動性を前面に出します。車両のハロゲンヘッドランプの繊細さは、オプションのフルビームLEDヘッドランプ(GTラインとGTバージョンの標準装備)でシャープな猫の凝視を引き立てます。後者が指定されるとき、全新型のプジョー5008 SUVは、クロムのチェッカーを施したグリルと独特のフロントバンパーを特徴とする。表現力豊かなフロントエンドデザインは、オーナーの主張とブランドアイデンティティの誇りを反映しています。それは本当のプジョーだ!そして本当のSUV!

リアデザインは強さと安全性を表しています。それは、最新のプジョーSUVの最新の品種を離れて設定するリアウィンドウの下部に沿ってフラッタリングカーブと光沢の黒い帯を備えています。プジョーのロゴとブランド名はストリップの中央にあり、看板のLEDの「クロー効果」のリアライト、プジョー車としての明瞭な識別マークを接続しています。後部のプロファイル - 余分に広いテールゲートとローブの敷居を含みます - それはまた、どれだけ広々とした(そして実用的な)ブーツであるかを示唆しています。

新しい5008 SUVは、競合他社よりも低く、より広々としたかさばる優れた設計の車両です。どんな角度から見ても、全く新しいプジョー5008 SUVは細かいことは何も控えめに細かく作られた車です。完璧なトリム、車外の選択的な場所でのクロムハイライト、エレガンス、クラス、そして良い味を伝える2トーンのボディフィニッシュなど、多くの要素がこの印象を鍛えています。

最高のツーリングカーに匹敵する運転と喜び

まったく新しいプジョー5008 SUV、308、そして全く新しい3008 SUVにはすべてEfficient Modular Platform(EMP2)が搭載されています。そしてそれはEMP2がそのダイナミズムのために既に認識されているので、快適性と偉大なロードハンドリングを最適に組み合わせていると言います。

そのモジュール性は、55mmホイールベースの拡張を利用して、さまざまな車のサイズに適応します。すべて新型のプジョー5008 SUVは、新型3008 SUVより3つのエクステンション(165ミリメートル長い)が指定されています。運転を楽しむことになると、全く新しいプジョー5008がSUVかもしれないが、それはプジョーの第一線である!会社のエンジニアは明確な使命を持っていました。この堂々たるSUVを道路操作のリーダーにし、正確なステアリング感覚で確実な道路操作を通して運転の楽しさを調達することです。ミッションは達成されました:その大きさにもかかわらず、全く新しいプジョー5008 SUVは驚異的なレベルの敏捷性と安全性を提供するので、最短の旅行や日常的な外出も楽しい経験になります。新しい5008が道路上で最も安全で楽しい車両の1つであることを知ることで、乗員に新たな喜びをもたらします。

この新型プジョーは、優れた遮音性と全面的な快適性のための数々の機能を備えていることを考慮すると、贅沢な旅に招待されています。

ボディを抱き締める前部座席は、ドライバーのためのオプションのマルチポイントマッサージシステムを備えています
FOCAL®Premium Hi-Fiシステム、フランスの最高級音響機器
チルト/スライドとムード照明を備えた大きなパノラマのオープニングガラスルーフ
センタコンソールのスマートフォン充電プレート。磁気誘導を使用してQi 1.1規格に準拠したデバイスを自動的に充電します。
最先端のドライバーアシスタンスシステムでは、安全機能の武器を使用してより安全な運転を実現します(市場の場所の仕様に応じて、標準またはオプション)。

  1. 自動緊急ブレーキシステム(AEBS)と距離警報システムを含む安全パック
  2. アクティブレーンキープアシスタンス(LKA)
  3. 運転手の注意警告
  4. スマートビームアシスタンス
  5. スピードサインの認識とスピードの提案
  6. 停止機能付きの自動クルーズコントロール(自動ギアボックス)
  7. アクティブな死角監視
  8. パークアシスト
  9. Visio Park(360°ビジョン)
  10. プジョー5008 SUVが自転車に乗って自転車に乗って転倒したり、完全にコントロールできるようにする、新しい丘アシスト・デステージ・コントロール(HADC)を含む高度なグリップ・コントロールを特長としています。
    永続的な接続性が最高です

そのドライバーのように、全く新しいプジョー5008 SUVはその時間内に暮らしています。ミラースクリーンや3D接続されたナビゲーションのような機能は、ステアリングホイールの後ろに接続したままにし、ストレスなくコースにとどまる必要性を満たす。

3Dナビゲーションシステムは、ドライバーの好みを考慮に入れながら、建物とランドマークを表示します。ステアリングホイールのダイアルを1回回すとナビゲーションシステムの出力が8.0 "の容量性タッチスクリーンから12.3インチの高解像度デジタルヘッドアップ計器パネルに切り替わり、読みやすくなります。 TomTom®Trafficインターフェースは、地元の天気、近くの駐車場とサービスステーションの位置、信頼性の高いレポートに基づいたTomTom®の過渡的または永久的な高リスクゾーンのオプションの(購読ベースの)表示まで、リアルタイムで重要な運転情報を持つことを意味しますユーザーコミュニティによって。

ミラースクリーン機能はスマートフォン画面のコピーを車両のタッチスクリーンに表示して、アプリに簡単にアクセスできるようにします。 MirrorLink(Android)、Android Auto、Apple CarplayTM(iPhone 5以降)と互換性があります。ステアリングホイールのボタンを押すと、スマートフォンの音声認識(Android S-VoiceまたはApple Siri)が有効になります。ドライバーは安全に電話をかけたり、音楽を選択したり、テキストメッセージを読んだり、送信したり、旅程をリクエストしたりしながら、道路に目を向けることができます。永続的な接続性が現実になりました。

プジョーコネクトパックは、ナビゲーション、安全(プジョーコネクトSOS&アシスタンス)、メンテナンス(プジョーコネクトパックリモートサービス)のための最新テクノロジーを利用しています。

ドライバーにとっては、この情報にアクセスする方が簡単で直感的ではありませんでした。全く新しいプジョー5008 SUVインターフェイスのすべての機能をマスターするのは簡単です。

強力で効率的な車の優れた範囲

新しいプジョー5008 SUV車の範囲は、ここ数年の間にブランドによって開発された戦略と完全に一致します。ライオンのブランドからの最後のモデルの発売のように、5008の範囲には以下が含まれます:

3つの主流バージョン(Access、Active、Allure)
ハイエンドのトリム、スポーティーな外観GTラインバージョン
排他的にダイナミックなGTバージョン。
顧客が選んだどのエンジンやスタイルでも、新型プジョー5008 SUVの最適化されたアーキテクチャは、高い評価を得ています。まず、それは前任者より軽いです。 EMP2プラットフォームは、すべてのレベルで質量、強度、機能のバランスが完全に取れており、元の5008よりも95kg軽量の車両が得られます。車両の空力設計と最適化された外形寸法は、0.76m2(最高の車種)のセグメントにおける最も低い抗力領域(CdA)の1つになっています。超低抵抗17インチ、18インチ、またはミシュランスリムライン19インチ(205 55 R19)タイヤは、5008 SUVレンジの全体性能をさらに強調します。

ヨーロッパでは、超高性能で高性能なEuro6.1ガソリンエンジンまたはディーゼルエンジンにより、新型プジョー5008 SUVが大型7人乗りCセグメントSUVの市場に投入されます。

選択肢がガソリンかディーゼルかにかかわらず、すべてのバージョンは、同じパワークラスのエンジンで競合他社よりも優れています。 CO2排出量はガソリンの場合115g / km、ディーゼルの場合は105g / kmとBlueHDi技術に比べて低いです。

すべて新しい5008 SUVのために利用可能な4つのガソリンエンジンがあります:

  • 1.2L PureTech 130 S&S 6速マニュアル、標準(CO2は117g / km)または超効率(CO2は115g / km)バージョン
  • 1.2L PureTech 130 S&S自動6速(CO2は120g / km)
  • 1.6L PureTech 165 S&S自動6速(CO2は133g / km)。
    6つのディーゼルエンジン(場所に応じて入手可能)は範囲を完成させます:
  • BlueHDi 100 S&S 5速マニュアル1.6L(CO2 106g / km)
  • BlueHDi 120 S&S 6速マニュアル、標準(CO2は108g / km)または超効率(CO2は105g / km)
  • BlueHDi 120 S&S 6速オートマチック(CO2 112g / km)
  • 2.0L BlueHDi 150 S&S 6速マニュアル(CO2は118g / km)
  • BlueHDi 180 S&S 6速オートマチック2.0L(CO2は124g / km)。
  • 上にリストされた最後のエンジンは、ダイナミックなトップGT GTバージョン専用です。

革新的なプジョー都市モビリティソリューション

プジョーは、都心へのアクセスがますます困難になっているため、今日の世界に革新的なモビリティソリューションを提供しています。 5月に新しいプジョー3008 SUVを発表するとき、それは非常にスマートな電動アシスト折りたたみ式スクーターであるe-Kickの同時リリースで頭を上げました。

e-Kickは、共同販売されているスクーターの世界的リーダーであるMICROと提携して開発されました。 e-Kickは、新しいプジョー3008または5008の起動とモバイルドックステーションに簡単にスライドできるため、必要なときに常に利用可能(充電済み)になります。

しかし、まだまだです!まったく新しいプジョー5008 SUVのリリースは、超近代的なデザインの電動アシストポータブル自転車e-Bike eF01のものと一致しています。 e-Bike eF01には、e-Kickと同様に、新しいPeugeot 5008 SUVの起動時にドッキングステーションがあります。

これらのユニークなオファーは、自社の車を補完し、目的地までの旅の最後の部分をはるかに簡単にするモビリティソリューションを求める顧客をターゲットにしています。 e-Kickとe-Bikeはそれぞれ、バッテリーの電力と距離、気象、ルート情報をリアルタイムで表示するMYPeugeotモバイルアプリに統合できるため、彼らは失望しません。都市生活はちょっと単純になった。 Vive laliberté!

フランス製

新しいプジョー5008 SUVはレンヌで製造され、TrémeryとDouvrinのサイトは世界中で販売される5008台ごとのパワートレーンを生産しています。したがって、新しいプジョー5008 SUVは、「Origine France Garantie」というラベルをつけています。 2016年のパリモーターショーで発表された新型5008は、2017年の春から国際市場で発売される予定です。

新しいプジョーi-Cockpit®:感覚のアンプ

新しいプジョーi-Cockpit®は、すべてのものです。より洗練された、より高度な、より結び付いた、より直感的なまた、感情的な満足感と潜在的なカスタマイズを提供します。

i-Cockpit®Amplifyオプション(GTラインとGTバージョンの標準)を使用すると、ダッシュボードの中央にあるボタンを押して、すぐに4つの官能的な体験を即座に刺激できます。

  • 画面の色と区画の明るさの調整
  • 聴覚、音楽的な雰囲気の設定と音響プロファイル
  • 多点座席マッサージプログラムを通じて、
  • 香りディフューザを通して
  • 乗り物は乗客に2つの感覚的な環境を提供します。活発な運転のための「ブースト」と、より静かな体験のための「リラックス」。どちらも完全にカスタマイズすることができます
  • ドライバーと乗客の喜びを強調し、ユニークで忘れられないオンボード体験を保証します。

i-Cockpit®Amplifyの香りで、品質も厳しくなります。彼らはScentysとAntoine Lie、国際的に有名な芳香剤で開発されました。

提供されている3つのフレグランスのそれぞれは、独自の性格を持っています:

  1. Cosmic Cuirはブランドの官能的で活気に満ちた署名の香水です
  2. Aerodriveは鮮明で刺激的な香りです(ブーストモードのデフォルト設定)
  3. ハーモニーウッドは、地面に落としたダウンテンポのフレグランスです(リラックスモードのデフォルト)。
  4. 拡散強度は3つのレベルがあります。

ドライバースポーツパックは、308およびすべての新しい3008 SUVでも利用可能で、視界、触覚、聴覚の感覚をさらに高めます:

  1. より強く、より緊密な補助ステアリング
  2. 応答性の良いアクセルペダルアクション
  3. より大きなエンジンとギアボックスの敏捷性(自動ギアボックスバージョンではパドルシフターにより強化されています)
  4. よりスポーティな感覚のために増幅されたエンジン音(乗員室の音響を強化するデジタルアンプ付き)
  5. カラーグラフィックス(インストルメントパネルとタッチスクリーン)、インストルメントパネル上のダイナミックな運転状況の表示(現在のパワー出力、過給圧、および両方の軸に沿った加速)。
  6. ファーストクラスのアコースティックトラベル用FOCAL®Premium Hi-Fi

世界初公開として、全く新しいプジョー3008と5008 SUVは、熟練したフランスのメーカーFOCAL®によって設計されたハイファイシステムのオプションの工場設置を提供します。 FOCAL®は35年以上の間音響学の専門家として活躍してきました。その代表的なサウンドと特許取得済みのイノベーションは世界中で有名です。

5008のシステムには、オプションの排他的なFOCAL®技術を搭載した10台のスピーカーがあり、居住者を喜ばせるための純粋で鮮明な音が得られます。

  1. Hi-Fiミディアムスピーカー/ウーファー:バランスと精度のためのポリガラス技術
  2. TNFトゥイーター:優れたサウンドマッピングとクリスタルクリアハイノートのための反転アルミニウムドーム
  3. サブウーファー:ダイナミックな高精細低音用の200mmトリプルコイルPower FlowerTMテクノロジー
  4. 12トラックの515ワット・アクティブ・アンプ:ハイ・ノートとロー・ノート用に細かいテクスチャーを提供するハイブリッドAB / Dクラス・テクノロジー。
  5. すべてのスピーカーに金属製のグリルがあり、フロントとリアのツイーターはFOCAL®バッジを装着しています。

最先端の運転支援機能の配列

運転手は、新しいプジョー5008 SUVの機敏性を完全に理解するために、運転支援システムの幅広い選択に頼ることができます。これらの機能はすべて、車両設定メニューを使用して有効または無効にすることができます。

高度なグリップコントロール

このオプションのシステムは、次の機能により牽引力を強化します。

中央コンソールのダイヤルを使用して選択された5つのグリップモード(ノーマル、スノー、マッド、サンド、ESPオフ)で最適化されたスリップ抵抗
18インチの泥と雪(オールシーズン)タイヤ。
ヒーティングアシスト降下制御(HADC)は、中央コンソールのボタンで起動され、急な勾配で車を安全に運ぶ新しい機能です。それは3km / h(2mph)という非常に低い降下速度を維持する能力によって革新し、潜在的に不安定な状況で安全性と制御性を維持します。
自動緊急ブレーキシステム(AEBS)と距離警報

すべての新型5008 SUVのすべてのバージョンの標準であるDistance Alertは、車両が車や歩行者と衝突する危険性がある場合、ドライバに警告します。

運転者がブレーキをかけることができなかったり、そうでなければタイムリーに反応しなかった場合、自動緊急ブレーキシステム(AEBS)が次に作動する。それは、運転手側で何もしなくても、車の速度を低下させることで、差し迫った衝突の重大さを回避または軽減するのに役立ちます。このシステムは、固定されているか、同じ方向の交通量のある移動車か、道路の歩行者に反応します。 (自転車、バイク、動物、道路上の無生物は検出されません)

自動緊急ブレーキシステム(AEBS)は、車両が速度で移動しているときに有効になります。

  1. 他の移動車両が検出された場合は5〜140km / hの間、
  2. 80km / h未満では、別の固定車両が検出された場合。
  3. 歩行者が検出された場合、60km / h未満である。
  4. アクティブレーン出発警報システム

このシステムは、道路車線間の壊れた塗りつぶされた線を認識するカメラを使用して、車両が意図せずに漂ったときを検出します。安全性を確保するために、ビークルが80 km / h(50mph)より速く動いている場合は、ビジュアル信号と警告音が鳴ります。カメラによる画像解析では、ドライバーの注意が衰えており、クルマは動いています。

アクティブ車線逸脱警報システムは、65(40mph)と180km / h(111mph)の間の速度で移動するとき、車両をコースに戻しながら徐々に操舵することによって、自発的な車線変更が差し迫っている場合に軌道も修正する。ステアリングホイールをしっかりと握って、車両の軌跡が意図的に(前方の何かを避けているように)意図していた場合、この保護機能を無効にすることができます。指向性インジケータはまた、軌道補正を無効にする。

運転手の注意警告システム

全く新しいプジョー5008 SUVの標準的な機能は、レストリマインダです。このシステムは、警告音を鳴らし、車両が65km / h(40mph)以上で2時間連続して走行していることを検出すると、運転手に休憩を促すメッセージを表示します。

運転手の注意警告システムは、休憩通知を補完します。フロントガラスの上部にあるカメラは、車両の動きを評価します。具体的には、レーンマーキングと車両の軌跡を比較することによって運転者の意識を評価し、それによって揺れを検出します。その後、システムはアラームを鳴らし、緊急度に応じて変化する警告メッセージ(例えば、「注意してください」または「休憩」)を表示します。

プジョーSmartbeamアシスタンス

ウインドスクリーン上部のカメラは、検出された光源を分析します。交通状況や照明状況に応じて、フルビームとディップビームの間で自動的に切り替わります。これにより、減光条件下での安全性と最適視力のためにフルビームの使用を最大限にします。

スピードサインの認識とスピードの提案

すべてのバージョンの標準で、フロントガラス上のカメラは速度制限ゾーンの開始または終了を示す道路標識を認識して解釈し、対応する速度を計器パネルに表示します。システムはまた、車両の航行マップから速度制限情報を取得する。大型トラックに適用されるような特別な速度制限の表示は表示されません。この機能はすべてのバージョンで標準です。

スピードの提案がこのパッケージを完成させます。運転者はクルーズコントロール「MEM」ボタンを押すことにより、車速をカメラが検知した速度に設定することができます。

自動ギアボックスモデルでの停止機能(ACC停止)を備えたアダプティブクルーズコントロール

車両には、フロントバンパーの中心に150メートルの範囲のレーダーが装備されています。 30(18mph)と180km / h(111mph)の間の速度で運転するとき、ACC停止は2つの機能を果たす:

  1. 運転者が設定した巡航速度を維持する
  2. 前方車両との安全な距離を保つことができます(あらかじめ定義された「遠」「通常」「近い」設定)。
  3. ACC停止システムは、同じ方向の交通量で移動している先行車両を検出します。エンジンと通常のブレーキシステム(ブレーキライトを作動させる)を使用して、車両が完全に停止するまで、安全かつ一定の追従距離を維持するために、検出された車両の速度に自動的に適応します。

この機能は、自動ギアボックスのみを搭載した車両(1.2L PureTech 130 S&S 6速マニュアルを除く)の標準またはオプションです。

アクティブなブラインドスポットモニタリングシステム

12(7.5)と140 km / h(87mph)の間の速度で走行するとき、このシステムは、潜在的に危険を冒すべきであれば、車、トラック、または二輪車が死角にいることを運転手に警告する。インジケータが対応するドアミラーに点灯します。

このシステムはActive Lane Departure警告システムと同期して動作します。運転者が車線を変更しようとする車線標識を横切り、方向信号がオンで、車両が該当する死角で検出された場合、ドアミラー警告インジケータが点灯し、車線逸脱システムは衝突を避けるために車両の軌道を修正してください。

Visiopark 1&2

車両には、後方ハッチ(Visiopark 1)とフロントグリル(Visiopark 2)に180°のビデオカメラが装備されています。これらは一緒に、タッチスクリーンに表示される車両の直近の景色を提供します。パーキングアシストセンサは、駐車手順中に車両およびその周囲の領域のリアルタイム360°航空写真を構築するための追加データを提供する。

これにより、周囲の障害物をすべて認識しながら、車両を整列させることが容易になります。

パークアシスト

車両の側面にある超音波センサーにより、パークアシストは駐車でより積極的な役割を果たすことができます。

第1に、両方のバンパー上のセンサーが、車両を収容するのに十分な大きさの駐車スペースを検出する。
その後、Park Assistは自動的に車両をその場に誘導します。
運転者は、加速、制動、ギアチェンジ、およびクラッチ(マニュアルギアボックスバージョンで)を管理します。車両が駐車場に出入りしている間、パークアシストは運転手に視覚的な聴覚的な手がかりと情報を提供して安全を保証します。運転者はまた、ハンドルを制御するだけでいつでも操舵プロセスを制御することができる。

パークアシストは、平行駐車と垂直駐車を管理します。

-プジョー
-, , , ,