トヨタ

トヨタ センチュリー Toyota Century 2018 動画集

2018/08/09

トヨタ センチュリー Toyota Century 2018

TOYOTAは、センチュリーをフルモデルチェンジし、6月22日に発売しました。

海外レビュー動画

 

---------スポンサードリンク---------

シボレー ブレイザー Chevrolet Blazer 2019 の概要

1967年にトヨタセンチュリーがデビューし、トヨタグループの創業者である豊田佐吉の100周年を記念して発売されました。 50年以上にわたり、センチュリーは、日本のための選択の運転手駆動モデルとして役立っており、すべての業界のエグゼクティブの間で人気があります。

新しい第3世代のトヨタセンチュリーは、21年間で最初の完全なリデザインを見ています。開発テーマは、レガシーと進化の概念を融合させています。ハイブリッドシステムは高性能な環境性能を実現する一方で、マスタークラフトマンシップと高品質なモノづくりの伝統を継承し、内装と外装のデザインはその伝統に沿って新しい魅力を世紀に注入します。新世紀は、高級車に適した高度な設備と快適な設備を備えており、平静と巡航の安定を達成するために数多くの改善がなされています。

新しい第3世代のトヨタセンチュリーは、高級な環境性能を実現しつつ、マスタークラフトマンシップと高品質モノづくりの伝統を継承し、乗客の快適さを追求するデザインレイアウトを実現しています。内装と外装のデザインは、その遺産に沿ってトヨタセンチュリーに新たな魅力をもたらします。さらに、新世紀は、贅沢なリムジンにのみ適した先進的な設備と快適な設備を備えています。

具体的には、トヨタセンチュリーは、燃費の優れた5.0リッターV8ハイブリッドシステムを搭載しています。さらに、ホイールベースが長くなり、スカッフプレートと床との高さの差が減少し、ドアの開口部の高さが高くなりました。これらのすべてがリヤシートの乗り心地を改善しています。複雑で華やかでシックな外観は、リアコンビネーションランプのグリルやブラックトリムなど、車のいたるところで使われている伝統的な日本のデザイン要素によって際立っています。インテリアには吊り天井のデザインと専用のファブリックがあり、調節可能な後部座席(マッサージ機能付)はパワーレッグレストでアップグレードされ、ファーストクラスの快適さと洗練された乗り心地を実現しています。

-トヨタ
-, , , , , , ,